営業職向けキャリアアップのための最強転職マニュアル【キャリ転】 » step4 ヘッドハンティング&エージェント会社 » コーン・フェリー

コーン・フェリー

アメリカで設立された企業であり、ヘッドハンティングに力を入れている「コーン・フェリー」。その規模は業界内においてトップクラスで、大手企業からの求人も多いそうです。会社の特徴や強み、口コミによる評判をご紹介します。

ヘッドハンティング会社の中でも知名度が高い!
コーン・フェリー

ヘッドハンティング会社としての規模は世界トップクラス

コーン・フェリーはアメリカで設立された企業。世界40ヵ国の90拠点に展開しています。ヘッドハンティング会社としての規模は世界トップクラスで、実績も抜群。知名度が高く、アメリカではNY証券取引所に上場しています。コーン・フェリーに求人を出している企業には、グローバル企業や大手企業が多いよう。「人材採用の設計段階からサポート」に注力してることが、信頼につながっているのでしょう。

転身支援の対象は大きくわけて「企業経営者や役員」「各業界の上級幹部や専門職クラス」「ミドルマネジメントクラス」の3つ。クライアント企業から依頼を受けて、コンサルタントが求人に適した人材を選定します。クライアント企業の大部分は外資企業が占めると言われており、企業分野は製造・ヘルスケア・金融・ITテクノロジーなどさまざま。多くの企業がコーン・フェリーを介してキャリア採用を行っています。

コーン・フェリーの強みのひとつに、「各業界に精通したコンサルト」の存在があげられます。企業の採用戦略の提案をはじめ、人材の選定、採用支援を一貫して行っているそうです。注意点は、登録を行えば求人を紹介してもらえるというスタンスではないこと。企業から依頼を受け、それに対してコンサルトが条件を満たす人材を選定し、アプローチを行います。

口コミに寄せられた内容には「好条件の話を紹介してもらえた」という内容もあれば、「紹介先の企業には惹かれなかった」「敷居が高そう…」という声も。アプローチ待ちになるとはいえ、クライアントのほとんどは外資系企業とのことなので、この分野に興味がある方はチェックしておくのもアリでしょう。

案件例

※コーン・フェリーは、案件例を公開していません。

コーン・フェリーの口コミ評判

エージェントを通さない
という選択肢もある

エージェントを通すことで、より高い給与条件を獲得できる可能性はありますが、一方で採用企業側からみると採用コストが高くなるため、採用のハードルも上がります。そこで、もし気になる企業があるならば直接応募も検討してみましょう。そもそも直接応募しかできない企業もあります。また採用コストの点からエージェントを通すよりもハードルが低くなる企業もあるので、その意味で可能性は広がります。

イノベーティブでこれからが面白い(平均年収800万以上) 超大手企業のBtoC営業(個人営業)職
住宅業界
旭化成ホームズ
年収900万円を目指す!
年間賞与が多かった会社ランキング、ハウスメーカーで第1位(就職四季報2017年版)
公式サイトの
求人を見る
保険業界
東京海上日動
年収500万円からはじめる!
損保業界の働きやすい会社ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2017年)
公式サイトの
求人を見る
金融業界
新生銀行
年収720万円に挑戦!
銀行業界の年収ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2018年)
公式サイトの
求人を見る
   
営業職向け
キャリアアップ
セミナーを紹介
営業キャリアアップセミナー画像1

画像引用元:営業の鉄人https://eigyo-tetsujin.com

第一線で活躍する営業マン同士が切磋琢磨しあうキャリアアップセミナー&交流会を紹介。実際にセミナーへ参加した営業マンに感想を聞きました。

キャリアアップ
セミナーへ参加した
営業マンの感想を見る