エグゼクティブのための転職最強マニュアル

コーン・フェリー

アメリカで設立された企業であり、ヘッドハンティングに力を入れている「コーン・フェリー」。その規模は業界内においてトップクラスで、大手企業からの求人も多いそうです。会社の特徴や強み、口コミによる評判をご紹介します。

ヘッドハンティング会社の中でも知名度が高い!
コーン・フェリー

  • 対応地域:本社アメリカ、日本全国対応
  • 求人数:不明
  • 非公開求人数:不明
  • 求人検索:不可
  • 利用料:無料

コーン・フェリーの特徴

コーン・フェリーはアメリカで設立された企業。世界40ヵ国の90拠点に展開しています。ヘッドハンティング会社としての規模は世界トップクラスで、実績も抜群。知名度が高く、アメリカではNY証券取引所に上場しています。コーン・フェリーに求人を出している企業には、グローバル企業や大手企業が多いよう。他のヘッドハンティング会社ではほとんど行われていない「人材採用の設計段階からサポート」に注力してることが、信頼につながっているのでしょう。

転身支援の対象は大きくわけて「企業経営者や役員」「各業界の上級幹部や専門職クラス」「ミドルマネジメントクラス」の3つ。クライアント企業から依頼を受けて、コンサルタントが求人に適した人材を選定します。クライアント企業の大部分は外資企業が占めると言われており、企業分野は製造・ヘルスケア・金融・ITテクノロジーなどさまざま。多くの企業がコーン・フェリーを介してキャリア採用を行っています。

コーン・フェリーの強みのひとつに、「各業界に精通したコンサルト」の存在があげられます。企業の採用戦略の提案をはじめ、人材の選定、採用支援を一貫して行っているそうです。注意点は、登録を行えば求人を紹介してもらえるというスタンスではないこと。企業から依頼を受け、それに対してコンサルトが条件を満たす人材を選定し、アプローチを行います。

口コミに寄せられた内容には「好条件の話を紹介してもらえた」という内容もあれば、「紹介先の企業には惹かれなかった」「敷居が高そう…」という声も。アプローチ待ちになるとはいえ、クライアントのほとんどは外資系企業とのことなので、この分野に興味がある方はチェックしておくのもアリでしょう。

案件例

※コーン・フェリーは、案件例を公開していません。

コーン・フェリーの口コミ評判

  • ヘッドハンティングのメールをいただいたことがあります。こちらから電話をかけて、紹介先企業の概要を確認しました。急なお話のため今回はお断りさせていただきましたが、年収の高い案件を豊富に扱っている企業のようです。
  • 連絡をいただき、担当者の方とお会いしました。紹介を受けた企業にそこまで惹かれなかったものの、年収2000~3000万と、悪くない話でしたよ。業界内における人材の評判や他者からの推薦を受けて、積極的にビジネスパーソンに働きかけている印象です。
  • ヘッドハンティングビジネスを行っている企業の中で、結構有名な会社です。エグゼクティブ層に向けて積極的に声をかけているので、一般クラスの方はあまりご縁がないかと。現在ハイクラスのステージで活躍中の人は、注目してみるといいかもしれませんね。
  • 転職エージェントというより「エグゼクティブサーチ」と呼ぶにふさわしいかも。一般の方が登録して仕事の紹介をもらうのではなく、企業から求人を受けてそれに適した人材を探す…という感じですね。

お薦めのエグゼクティブ求人・ハイクラス求人はこちら>>

エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記