エグゼクティブのための転職最強マニュアル

人材紹介会社の上手な活用法

エグゼクティブ層やハイクラスな人材を求める企業であれば、知っておきたい人材紹介会社の活用方法を紹介しています。

人材会社を活用しよう

エグゼクティブ層、ハイクラス層の採用のためには、人材紹介会社を利用すべきです。

転職エージェントを使うなんて大げさな、と考える経営者もいるかもしれません。しかし、ハイクラス層、エグゼクティブ層の人材というのは、ダイレクトに経営と関係を持つため、採用に失敗した場合を考えると、非常に大きなリスクがともなう存在です。

また、採用活動というのは、経営者にとって多大な負担となります。面接を行うために時間やコストを消費し、経営のための大切な時間を削らなければならないのです。

こういった負担軽減のためにも、転職エージェントやヘッドハンティングは十分に有効な採用手段のひとつと言えるでしょう。

人材紹介会社は、日本に約17,000社が存在すると言われています。このとても膨大な数のなかから、効果的に採用を進めていくため、自社の採用条件に合ったエージェントを探さなくてはなりません。

人材紹介会社というものは、「求人案件の取扱領域」・「データベースの構築方法」・「報酬の支払い方法」、この3つの要素を組み合わせてできています。

求人の取扱領域は総合型、専門領域特化型に分かれます。総合型はあらゆる業界や職種の求人案件に対応し、専門領域特化型は、特定の業種や職種の案件を扱います。

データベースの構築方法は、求職者が自らその会社に個人情報を登録するタイプで、主に若手~中堅の人材が主流です。一方、サーチ型は会社独自のネットワークを駆使して、必要な人材を探します。サーチ型の方が、ベテランやハイクラス人材を持っていることが多いです。

報酬の支払い方は、成功報酬型とリテイナー型に分かれます。成功報酬型は候補者が入社した時点で料金を払う仕組みです。リテイナー型は固定の料金を支払ってから、人材探しが始まるスタイルとなっており、採用難易度の高いポジションの人材採用に向いています。

以上のことを踏まえると、ハイクラス層、エグゼクティブ層の人材の採用を考える場合、自ずと人材紹介会社のタイプが絞られてくるはずです。

会社やサービスを決めても、まだ先があります。自社に優秀な人材を紹介してもらうためには、担当者との関係を築いていくことが大切です。人事担当者の中には、「自分がクライアントの側であるから、金を払っておけば勝手にやってくれる」とぞんざいな態度で接する人も少なくありません。

しかし、エージェントを活用する以上、彼らを味方につけて、働きやすい環境を作っていくことが重要になります。人事担当者は、採用案件がある時だけ、つまりその場限りのコミュニケーションを図るのではなく、相互に理解し合う、対等で建設的な関係を心がけてください。

しかしながら、優秀なハイクラス層、エグゼクティブ層は希少価値が高く、それゆえ人材獲得のための競争率も高くなっています。人材会社が獲得を目指して躍起になった結果、有能なハイクラス層、エグゼクティブ層は、頻繁にやってくるヘッドハンティングの電話に飽き飽きしている場合もあります。

しかも、その電話のエージェントやヘッドハンターが提示する案件は、大体どこも同じようなもの。転職する気はないのに、同じような話ばかりで、正直、鬱陶しい!と思われてしまい、話を聞いてくれないかもしれません。

ところが最近、硬直化しつつある人材紹介サービスに、新しい形のサービスが生まれました。

このサービスでは、ヘッドハンティングの電話もせず、スカウトもしないため、相手から敬遠される心配もありません。また、某有名求人サイトのような膨大な件数の案件を載せるのではなく、数こそ多くはなくとも、超厳選された上質案件しか載せませんので、求める人材の目に留まる確率も上がります。

求職者が自分の情報をサイトに登録して膨大な案件を検索したり、営業電話や対面コーディネイトを必要とする転職サイトとは違う、第3の人材紹介サービスです。