エグゼクティブのための転職最強マニュアル

ヘッドハンティング・転職サイト・人材紹介を徹底比較 HOME/ エグゼクティブ採用を求める企業向けノウハウ

エグゼクティブ採用を求める企業向けノウハウ

エグゼクティブ層を獲得したい企業向けに、役立つ情報を紹介しています。

エグゼクティブ採用に必要なこととは

転職市場で使われている「エグゼクティブ人材」や「ハイクラス人材」といった言葉を耳にしたり目にしたりすることが多くなりました。

近年、転職市場ではエグゼクティブ・ハイクラス人材を求める企業が増えています。実際にどのような人材をエグゼクティブやハイクラスと呼ぶのでしょうか?

まず、人材業界で一般的な「エグゼクティブ層」。英語ではexecutiveと書きます。意味は、形容詞だと(管理・経営などで)実行する,実行力のある、という意味になり、名詞だと管理職、高級社員、行政官、幹部、支配人などの意。

かなり漠然としている言葉の通り、実は、これ!という明確な定義がないのです。。一般的には「ビジネスの場で経営的な視点、思考に基づいて業務を勧められる人材」、つまり、各企業の役員クラスの経営幹部層をエグゼクティブ層としています。

また、エグゼクティブ層にあたる経営幹部層の多くは、前職で部長以上の役職に就いているケースが多いため、高い能力を有する部長以上の役職を指す言葉としても浸透しています。

次に「ハイクラス人材」ですが、こちらにも明確な定義はありません。しばしば求人サイトなどでは「年収800万円~1,000万円以上」のように、一般よりも高収入である部類の人々と表現しています。しかし、必ずしも年収で決まるわけではありません。

ただ、役職が高くなったり経験が多くなれば、比例して年収は上がるものですし、数字というわかりやすい基準であるため、転職エージェントや人材紹介会社では、年収でハイクラス層を差別化するケースが多くなっています。

部長以下の中間管理職、一般的に「ミドル・マネジメント」「ミドル層」と呼ばれる人材とは違い、エグゼクティブ層やハイクラス層は、一般的な企業の社員の1割前後しかいないと言われています。さらに転職となれば、非常に希少価値が高い存在です。

そして、この希少価値の高いエグゼクティブ人材を求める経営者の方々には、「海外で新しく事業部を作りたい」「今のままではまずい!営業組織を立て直さねば」「管理体制の見直しが必要だな」「将来的には、引退して経営を任せられる人材が欲しい」等々、明確な採用目的があります。

エグゼクティブ層やハイクラス層が前提として持っている、管理能力や経験に加え、求める側の目的に上手く合致する能力の専門性が必要なのです。

そのため、エグゼクティブ求人の場合は、求人サイトに登録させて反応を待つよりも、専門の転職エージェントを利用したり、ヘッドハンティングを行ったりすることが主流です。

こちらでは、企業がいかにして、即戦力となる有能な人材を採用すべきなのか、そのポイントについて紹介します。

人材紹介会社の上手な活用法

人材紹介会社を活用すると、採用にかかるコスト・時間を抑えつつ、即戦力となる人材を見つけることが可能となります。

採用を成功させるには

企業が採用に失敗してしまう理由と、失敗しないための面接の準備内容、採用までのステップを紹介します。