営業職向けキャリアアップのための最強転職マニュアル【キャリ転】 » step3 営業マンが転職を成功させる方法 » 営業マンの転職のタイミング

営業マンの転職のタイミング

営業職のキャリアアップ転職に最適とされるタイミングを紹介しています。

営業マンがキャリアアップするための転職はいつやるべきか

転職をするのはいつがいいのか?キャリアアップのための転職こそ、タイミングをきちんと見極める必要があります。
営業でキャリアアップを目指した転職をするなら、一番大切なことは「自分の市場価値を知る」ことです。市場価値が高く評価される時期に転職することが、その後のキャリアアップにも有効に働きます。
判断ポイントは以下の6つです。

  1.  現職での仕事を「やりきった」と感じたとき
  2.  より広い範囲での役割と責任を持って仕事したくなったとき
  3.  取得した資格をもっと活かしたいとき
  4.  周囲の成長スピードが、自分と比べて遅いと感じたとき
  5.  「これだ!」と思える企業に出会ったとき
  6.  ヘッドハンティングされたとき

1〜4については、このような問題意識を感じた時が、自分の成長欲求や知的欲求が高まっている証拠です。最も意欲がある時期とも言えるので、転職活動においてもプラスに働くでしょう。

5については、自己分析をしっかりした上で、普段からアンテナを張り巡らせておくことが大切です。最適な求人に出会えたときこそが、あなたにとって転職のベストタイミングと言えるでしょう。

6のヘッドハンティングは外的な要因ですが、企業から転職の誘いがかかるということは、自己評価のみならず他者からも評価されていることを示します。市場価値が高まっていることの証拠と言えるでしょう。

終身雇用・年功序列など日本型の企業スタイルは崩れ、多くの企業が個々人に十分な成長機会を与えてくれない時代になっています。ひとつの会社だけでキャリアを形成するのは難しくなっており、また人材の流動化にも拍車がかかり、もはや「ひとつの会社で一生を」という時代は終わりつつあるのです。

だからこそ、転職のタイミングを逃すと、せっかく前向きなキャリアアップを目指す人材にとって致命的なダメージとなりかねません。
転職の判断は、将来のキャリアにとって重要な分岐点となります。慎重かつ論理的に意思決定を下してください。

イノベーティブでこれからが面白い(平均年収800万以上) 超大手企業のBtoC営業(個人営業)職
住宅業界
旭化成ホームズ
年収900万円を目指す!
年間賞与が多かった会社ランキング、ハウスメーカーで第1位(就職四季報2017年版)
公式サイトの
求人を見る
保険業界
東京海上日動
年収500万円からはじめる!
損保業界の働きやすい会社ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2017年)
公式サイトの
求人を見る
金融業界
新生銀行
年収720万円に挑戦!
銀行業界の年収ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2018年)
公式サイトの
求人を見る
   
営業職向け
キャリアアップ
セミナーを紹介
営業キャリアアップセミナー画像1

画像引用元:営業の鉄人https://eigyo-tetsujin.com

第一線で活躍する営業マン同士が切磋琢磨しあうキャリアアップセミナー&交流会を紹介。実際にセミナーへ参加した営業マンに感想を聞きました。

キャリアアップ
セミナーへ参加した
営業マンの感想を見る