エグゼクティブのための転職最強マニュアル

ハイクラス転職成功談

ハイクラスへの転職に成功した人たちの体験談を紹介します。

ハイクラス転職の体験談

転職に成功しハイクラスの職を手に入れた人たちの体験談を紹介します。

不採用が続いても初志貫徹

転職については30代から考えていました。理由は、会社規模に比例して商圏が小さく、そして売り上げも右下がりで将来性が感じられないことでした。子どもの小学校卒業と自身の年齢を鑑みて転職ギリギリのタイミングでした。

これまでの経験が活かせる同業種につくこと、そして年収は現職をキープすることを希望の条件として、色んな転職サイトに登録しました。

苦労したのは、現職の会社規模が小さかったので、有給休暇が取りにくかったことです。書類選考を通過しても、面接日程がなかなか決まらず、その間に他の応募者が先に決まってしまうこともありました。また、引き継ぎ期間も三ヶ月は必要で、その点も転職先へ伝えるのに腐心しました。

転職で失敗したと思ったのは、面接時の転職の理由をマニュアル的に、前向きな理由で答えたことです。用意した答えではやはり気持ちがこもっていなかったのか、不採用が続きました。その反省を活かし、採用が決まった企業では、本心からの言葉を選び、なおかつ先方が望むであろう人物をイメージしながら面接を受けました。

転職が上手くいかないと、元々の希望より条件を広げて探したくなりますが、初志貫徹を心がけてください。当初の希望職種を変えない方が、面接時にも自分のこれまでの経歴がそのままアピールポイントになります。

コンサルタントのアドバイスが最良の結果

転職の際、ハイクラスの求人サイトに登録しました。エージェントとの面談では自分の強み、セールスポイントを具体的に指摘して頂きました。しばらく求人の紹介がなかった間は不安ばかりでしたが、実際に話が進みだしたら、電話、メールなどで細かいアドバイスを頂き、反応も早かったため、それからの心配は全くありませんでした。

前職を退職してからの転職活動だったので自信を失いかけていましたが、おかげでとても前向きになることができました。コンサルタントからのアドバイスや励ましがあったおかげで、転職活動を乗り切ることができました。離職中だったため、転職活動が長引くことは避けたかったので、希望と違っていても自分の経験を活かせる環境を、という視点を持ちながら、転職活動したのも効果があったかと思います。

面談でビジョンが明確に

コンサルタントの人と相談して、今後のキャリアの方向性が明確になりました。自分の中ではきちんとしたビジョンがあったつもりだったのですが、面談で話をしていくうちに、より明確なものになっていきました。このような過程を踏むことで、転職活動中に、企業やポジション選択をする際、自分の軸がぶれることを防げました。

また、転職エージェントを通して、受ける企業の経営者の詳細な情報やトピックスを頂いたのも助かりました。WEBだけではとても知り得ないことばかりでした。成功のコツとしては、転職における希望、志向を整理し明確にした上で、あれもこれもといった手当たり次第ではなく、内定が出たら”行きたい”と本気で思える企業に絞り込むことが大切だと思います。

エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記