営業職向けキャリアアップのための最強転職マニュアル【キャリ転】 » step3 営業マンが転職を成功させる方法 » 営業の転職成功談

営業の転職成功談

営業のキャリアアップ転職に成功した人たちの体験談を紹介します。

不採用が続いても初志貫徹

転職は30代から考えていました。理由は、会社規模に比例して商圏が小さく、会社自体の売り上げも右下がりで将来性が感じられないこと。子どもの小学校卒業と自分の年齢を考えても、ギリギリのタイミングでした。

希望条件は、

  1. これまでの経験が活かせる同業種であること
  2. 現職の年収をキープすること

色んな転職サイトに登録しましたが、苦労したのは、現職の会社規模が小さく、有給休暇が取りにくかったことです。書類選考を通過しても、面接日程がなかなか決まらず、その間に他の応募者が先に決まってしまうこともありました。また、引き継ぎ期間も三ヶ月は必要で、その点も転職先へ伝えるのに苦労しました。

転職活動で失敗したのは、面接の時に聞かれた転職の理由を、マニュアル的に前向きな理由で答えたことです。用意した答えではやはり気持ちがこもっていなかったのか、不採用が続きました。その反省を活かし、採用が決まった企業では、本心からの言葉で、なおかつ先方が望むであろう人物をイメージしながら面接を受けました。

転職が上手くいかないと、職種を変えたり希望条件を広げて探したくなりますが、私の場合は初志貫徹したことが良かったと思います。当初の希望職種を変えない方が、面接時にも自分のこれまでの経歴がそのままアピールポイントになります。

コンサルタントのアドバイスが最良の結果

前職を退職してからの転職活動だったので、時間をかけたくないと考え、ハイクラスの求人サイトに登録しました。コンサルタントとの面談では自分の強み、セールスポイントを具体的に指摘して頂きました。しばらくの間は求人の紹介がなかったので不安でしたが、実際に話が進みだしたら、電話、メールなどで細かいアドバイスを頂き、対応も早かったため、安心して活動できました。

転職活動中は時に自信を失うこともありましたが、コンサルタントからのアドバイスや励ましのおかげで、前向きに乗り切ることができたと思います。転職活動を長引かせないよう、希望と違っていても自分の経験を活かせる環境を、という視点で仕事を探したのも効果があったかと思います。

面談でビジョンが明確に

転職を考えた直後に複数のエージェントに登録しましたが、毎日大量の求人情報が送られてきて、チェックするうち自分のキャリアの方向性が分からなくなりました。
年収が上がれば企業はどこでもよいと考えていたため、余計にどう会社を選べば良いか分からなかったんですね。

ですが、コンサルタントとのカウンセリングに積極的に参加し、学生時代のことやアルバイト、新卒の就職活動で感じたことなどを思い出すうち、年収以外の自分の興味関心に気づくことができました。

おかげさまで面接では、志望企業への強い関心から熱い思いを語ることができ、面接官とも意気投合。入社後が楽しみと思えるような上司ともめぐり合い、内定獲得となりました。

イノベーティブでこれからが面白い(平均年収800万以上) 超大手企業のBtoC営業(個人営業)職
住宅業界
旭化成ホームズ
年収900万円を目指す!
年間賞与が多かった会社ランキング、ハウスメーカーで第1位(就職四季報2017年版)
公式サイトの
求人を見る
保険業界
東京海上日動
年収500万円からはじめる!
損保業界の働きやすい会社ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2017年)
公式サイトの
求人を見る
金融業界
新生銀行
年収720万円に挑戦!
銀行業界の年収ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2018年)
公式サイトの
求人を見る
   
営業職向け
キャリアアップ
セミナーを紹介
営業キャリアアップセミナー画像1

画像引用元:営業の鉄人https://eigyo-tetsujin.com

第一線で活躍する営業マン同士が切磋琢磨しあうキャリアアップセミナー&交流会を紹介。実際にセミナーへ参加した営業マンに感想を聞きました。

キャリアアップ
セミナーへ参加した
営業マンの感想を見る