エグゼクティブのための転職最強マニュアル

役職者の転職

転職において気になるのは、やはり転職先での報酬。そこで各役職者の平均年収についてまとめてみました。また、課長や部長、役員といった役職者の転職事情には、それぞれどのような特徴があるのかについても取り上げてみましたので、あわせてご覧ください。

課長クラス

課長クラスの平均年収

まずは課長クラスの年収ですが、600万円~1,000万円といったところが平均といわれています。もちろん、部下が多く、責任も大きい大企業のほうが高い傾向にあり、およそ800万円が平均年収。

一方、中小企業の平均年収は500万円~。ですが、これは課長クラスの平均年収としては世界でも最低レベル。大企業と比べると300万円もの開きがあるため、報酬面に不満を感じて転職を考える中小企業の課長も潜在的に多いと考えられます。中小企業の一般社員平均年収・400万円に比べると100万円は高いものの、そこに課長職に踏みとどまらせる価値があるかどうかは微妙なところでしょうか。

業種別で見てみると、安定の金融・保険業の595万円を筆頭に、不動産業533万円、電気・ガス・熱供給・水道業528万円、情報通信業560万円、教育・学習支援業501万円と500万円超え。続いて、製造業408万円、建設業387万円、鉱業350万円、飲食店332万円、運輸業322万円となっています。

課長の平均年齢は40歳代ですが、金融・保険業と教育・学習支援業は年齢に比例して年収もアップする傾向があるようです。それに対して、製造業、飲食店などは30歳台を頂点に下がる傾向があり、業界によっても平均年収に特徴があらわれるのがわかります。

課長クラスの転職事情

一般的に、「40歳代の課長での転職は難しい」といわれています。

確かに、日本では35歳転職限界説が流布されており、40過ぎ、もしくは50前の課長クラスの人材が転職するのは想像しにくいかもしれません。なにより、転職できたとしてもいきなり別の会社で管理職を任されてやっていけるのか、という不安もあります。

その前に、課長に昇進していながら、なぜ40歳という年齢で転職を考える人が多いのでしょうか。

最大の要因は、自身の評価への不満です。

40歳代といえば、子どもがいればまだまだ教育費がかさみ、住宅を買えばまだまだローンの支払いがある年齢。評価が低く、報酬の伸びなければ大きな不満、そして将来の不安となります。それをきっかけに転職を考えはじめるケースが多いことは想像に難くありません。

また、人事で降格させられたり、畑違いの部署に異動させられたりするなど、評価に対する不満が退職・転職理由の6割以上を占めています。

そのほかでは、会社の経営が悪化した、経営者が代わって折り合いが悪くなったといった、環境の変化による要因で転職する人も。3割~ほどが、こうした環境変化を転職理由としてあげています。

いずれにしても、40歳代からの転職は採用側も慎重になるため長引く傾向があり、在職中に転職先を決めておくことが大切です。

しかし、課長であれば、相応の経験やスキルがあって昇進したわけですから一般社員よりも求人先の評価は得やすいとうメリットも。いまでは転職サイトに40歳代の課長の求人が掲載されていることも、決して珍しくはありません。40歳代の課長であっても、転職そのものは難しいものではない、といえるでしょう。

管理職クラスの転職に強いエージェント・サービスを活用すれば、転職による役職のステップアップや報酬アップも十分、可能です。

部長クラス

部長クラスの平均年収

課長よりも上級管理職である、部長クラスの平均年収はいったいどのくらいなのでしょう。

すべての業種における部長の平均年収は1,064万円で、月収としては60万円台のところが多いようです。

厚生労働省の統計を参考に、年齢別にみてみると20歳代で約450万円であることを除けば、30歳代800万円台、40歳代前半で900万円台、40歳代後半以降は1,000万円台と、会社員の平均年収を上回る年収となっています。

企業の規模別では、大企業では1,200万円ですが、中小企業では766万円。中小企業では部長クラスでも年収1,000万円に届かないことが多く、課長以上に大企業との差が大きいのも部長クラスの平年年収の傾向です。部長自体の平均年収が1,000万円超といっても、大企業が一方的に底を押し上げているのが現実だといえます。

一方、業態別では、事務系部長が685万円、技術系部長が700万円と大きな差はありません。技術系の部長といってもこのクラスになると現場で仕事をすることは少なく、業務的には事務系の部長と差異がないことが要因だと考えられます、

やはり業種うんぬんというよりは、企業規模によって差がでるのが、部長クラス以上の年収の傾向だといえるでしょう。

部長クラスの転職事情

部長クラスになれば会社の運営・経営にかかわる機会も出てくるうえ、管理する人事・業務も増え、背負う責任も大きくなるもの。そのため、課長以下と比べるとタイミング的にも転職は困難だといわれています。

また、部長クラスともなれば、年齢も40歳代後半から50歳代ということから、転職が困難なイメージがあるのも事実です。

しかし、部長クラスから転職することは本当に難しいものなのでしょうか。

管理職・エグゼクティブに特化した転職サービスが充実している現在、このクラスの転職はこれまでいわれていたほど難しいものではなくなってきています。部長職から転職することは珍しいことではありません。

一例を紹介しますと、ある企業で人事部長や経営企画部長を歴任した40代の部長のケースでは、従業員数3,000人規模へ転職することに成功しました。

仮にこの方をA氏としますと、A氏は転職エージェントを活用することで複数社からアプローチをうけ、転職することができたのです。最終的には会社の経営者との面談で、社の方針・将来と自分のやりたいことやこれまで培ってきたスキルが生かせることが合致し、相思相愛で入社に至ったわけです。

このように、転職ツールをうまく活用することでチャンスを逃すことなく、部長クラスでも理想の職場へ転職することが可能であることがわかります。

報酬や評価が満足のいくものでなかったり、よりキャリアアップを目指すのであれば、部長職に在職中でも転職は十分に可能なのです。年齢的にも転職のラストチャンスとなるタイミングですから、「部長だから無理」「50歳代だから無理」と決めつけるのではなく、転職を検討するだけでもしてみることをおすすめします。

役員クラス

役員クラスの平均年収

会長や社長、上級管理職など、会社の経営、ひいては運命を左右する立場にある役員クラス。ですから、報酬も一般管理職クラスとは数字が違ってきます。

そんな役員クラスの平均年収は、産労総合研究所データの調べによると、会長で3,693万円、社長で3,476万円、副社長で2,947万円、専務で2,433万円、常務で1,885万円、取締役で1,556万円。

これは賞与なしの場合の平均年収で、賞与ありの場合だと会長5,216万円、社長4,141万円、副社長2,925万円、専務2,575万円、常務2,013万円、取締役1,775万円となります。会長と社長にかんしては、賞与があるかないかで1,000万円以上の差がありますが、ほかの役員にかんして賞与の有無で年収への差はさほどないようです。

当然、会社の規模によっても差はあります。事業規模が小さければ小さいほど役員の年収も少なくなり、資本金2,000万円未満の会社だと役員平均年収は543万円。同2,000万円~5,000万円未満で752万円、

同5,000万円~1億円未満で1,037万円。会社役員で年収1,000万円を超えるのは、資本金1億円クラスであることがひとつの目安といえるでしょう。

役員クラスの転職事情

役員はヘッドハンターのターゲットとなりやすい役職です。会社の経営をV字回復で立て直したり、好調だった業績をさらに飛躍させたりするなど、目に見えて実績があれば、他社から声がかかるのも時間の問題かもしれません。

大企業からさらに高額報酬を約束してくれる大企業へ転職する者、中小企業から大企業へ栄転する者など、役員から転職する事例も多々見られます。

ですが、役員であるからといって、転職が成功するかどうかは別問題。場合によっては転職先で期待された成果を出せず、役員会で解任、お払い箱の憂き目にあってしまうことも。報酬が高いのには理由があり、それだけ責任のある立場に転職するということを認識しておく必要があります。

つまり、事前の準備であったり相応の心構えといったものがなければ、過去に実績があったとしても転職先で再び同じことができるとは限らないのです。

とくに陥りがちなのが、「自分が会社を動かしている。それで経営がうまくいった」という感覚になってしまう点でしょう。役員はあくまで役員会の一員であり、ほかの役員や管理職、社員が同じベクトルを向くことで得られた成果。会社一丸のサポートがあってこそ、成しえた結果だといえます。

前と会社と同じことを転職先で同じようにやろうとしても、人材や環境が違うわけですから今回もうまくいくとは限りません。むしろ、失敗するリスクのほうが高く、いかに転職先の環境に順応して、それにあわせて施策を打てるかが役員の腕の見せ所なのです。

転職前には、新しい会社の業績・経営状況などの数字・データのみならず、「ほかの役員はどんな人物か」「会社の社風はどうか」といったところまで調べ、それに自分をアジャストしていくことが求められます。中小企業から大企業の役員に転職したり、まったく異業種の役員に転職したりする場合は、なおさら慎重に事前準備をすすめておく必要があるでしょう。

エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記