エグゼクティブのための転職最強マニュアル

管理職の転職

一般の転職よりも難しいと言われている管理職での転職。成功させるためには優れた転職エージェントに相談するのが一番の近道です。転職市場の現状や転職の際に気をつけたいことなどをチェックしながら、成功を叶える転職方法を確認していきましょう。実際に管理職での転職を経験した方の体験談やおすすめの転職サービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

管理職に求められること

管理職の定義は企業によって異なることがありますが、一般的に会社組織の「部」や「課」をまとめる責任と権限を任された役職のことを指します。主に組織内メンバーの能力を管理して、目標の業績を達成するためのマネジメントをしている方のことですね。部長や課長が代表的な例で、企業によってはマネージャーという役職名を使用しているところもあります。

管理職に求められることとして、どの企業にも共通して当てはまることは以下の5つ。転職を優位に進めるためにもしっかりチェックしておきましょう。

1:意思決定をし、分担して実行するスキル

管理職には企業目標の達成のために方向性を決定し、責任を分担しつつ実行できる力が求められます。もちろん、方向性を決定する際は独断になってはいけません。多くの選択肢・多くの意見を考えたうえで、最適なものを選ぶ必要があります。決定したことは責任と期限を設け、分担して実行できる力が必要です。

2:部下への動機づけ

ある目標の達成に向けて部下の自発的な行動を促すことも管理職として大切なスキル。叱る・褒めるといったコミュニケーションだけでなく、自分と部下の考えの違いや部下が必要としていることを把握し成果のために何ができるのか共に考えられる関係づくりが求められます。人間関係を良くするためではなく、部下が成果を出すことに焦点を向けたコミュニケーションが大切です。

3:評価とFBを繰り返し常に改善する姿勢

同じ間違いを繰り返さない強い組織をつくっていくためには、場当たり的な施策を行なうだけではいけません。施策を行なった際には、それが成果に結びついたのか失敗してしまったのか評価測定をする必要があります。とくに組織の成長に関わる管理職の仕事には、常に行動を評価し、反省点や改善点を共有する姿勢が求められているのです。

4:部下の目標設定をアシストする力

企業の成長には社員それぞれの成長が不可欠。部下が的確に目標を設定し成長することを手伝うのも管理職の役目です。あくまで目標設定の「手伝い」なので、会社が目指す方向性や成果をイメージさせつつ部下自らの目標設定を促せる力が評価されます。

5:人材育成

人材がいなければ組織は成り立ちません。人材を育成する仕事は企業にとって最も重要な仕事だと言えます。管理職に求められるのは、企業に必要な人材の定義を吟味し、採用・育成すること。企業目標の達成に向けた最適なチーム配置も必要になります。

管理職の転職

管理職の求人は少ないというイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、管理職の転職市場は近年活況を示し求人の数を伸ばしています。「ミドルの転職」サイト内で行なわれたアンケートによると、1年前に比べて管理職求人が増えていると感じている転職コンサルタントは半数以上の53%。組織強化や新規事業開設のために管理職を求める中小企業が増えている状況です。男女共同参画推進本部によって発表された2020年までに女性の管理職の割合を30%程度にする「2020230」計画もあって、女性の管理職を求める企業も。管理職のニーズは全体的に高まっていると言えます。

これまでは管理職の転職と言えば、別の企業からスカウトされて転職するヘッドハンティングが主流でしたが、管理職専門の転職サイトやサービスの登場によりその方法は多用化。最近では、転職サイトを利用する人が増えています。

転職を否定的に考える風潮があった2000年以前に比べると管理職の転職は増えているものの、求人が少ないのは事実。企業では役職があがるごとに席の数も少なくなるのが一般的なので、役職が高い求人ほど必然的に数は少なくなります。一般的な転職サイトで公募されることもほとんどないため、効率良く転職先を探すには転職エージェントへの相談が得策。転職エージェントは管理職専用の転職サイトをはるかに上回る数の企業と取引しているので、より可能性が高まります。また、転職サイトは登録後、企業から声がかかるのを待つのが基本。管理職についていても、よほど秀でた能力を持っている方でなければ声がかからないことがあります。一方、転職エージェントなら求人の紹介や面接のセッティングなどのサポートが受けられるので、転職サイトよりも有利に活動を進めていけるのです。

管理職が転職する際に気を付けるべきこと

管理職として転職する際にはいくつか気をつけるべきポイントがあります。転職後に「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも以下のことに注意して転職活動を進めましょう。

1:企業によって求められるスキルが違う

同じ役職の管理職に就いていても、求められるスキルは企業によって変わるので注意しましょう。例えば、大企業と中小企業とでは当然大企業のほうが責任や権限が大きくなります。しかし、単純に中小企業のほうが仕事量が少ないという訳ではなく、人材の少なさから社員の管理だけでなく自らも業績をあげることが求められるという特徴も。職種によっても仕事内容や対応範囲が変わってくるので、転職先の仕事内容をしっかり把握しておくようにしましょう。

2:名ばかりの管理職の場合がある

管理職の求人には「管理職」とハッキリ明記せず、「マネジメントポジション」と記載されているものが多め。しかし、マネジメントポジションと記載されている求人の中には管理職の求人でないものも含まれているので注意してください。せっかく転職したのに管理職の仕事はできず、少額の手当てだけで責任を問われるだけのポジションになってしまうことがあります。求人の文言だけで判断せず、転職先の状況や体制を確認する必要があるでしょう。

3:企業の管理職について質問できる転職エージェントを活用すべし

転職を成功させ、希望通りの仕事に就くためには転職先の仕事内容を事前に把握しておくことが大切です。そのためには、求人の管理職について詳しい内容を聞くことができる転職エージェントを使うのがベスト。企業に直接聞くのが難しい質問も転職エージェントが間に入ってくれるので安心です。転職サービスの使い方によっても転職の成功率が変わってくるので、自分に合った方法を見つけましょう。

管理職の転職ケース

実際に管理職として転職した方の体験談を5つピックアップしました。転職を決めた経緯や転職して感じたことなどをまとめていますので参考にしてみてください。

CASE1 仕事の広がりを見出すために(40代男性)

前職:ITアウトソーシング業 管理部門

現職:食品卸業 経理部

ITアウトソーシング業で管理職に携わっていましたが、請負業だったので仕事の広がりが見出せず、次のステージを探すことにしました。転職活動期間は4ヶ月ほどです。自分のスキルを活かせる会社であること・働く人たちの雰囲気が自分にあっていたこと・面接での話に共感を得たことの3点が決め手となって、現職を選びました。活動中、コンサルタントさんから客観的で正直なアドバイスをいただけたのがありがたかったですね。非常に参考になりました。1人で活動していたときは、なかなか企業の面接までたどり着けなかったので、転職に精通している人からサポートを受けるのが成功の秘訣だと思います。

CASE2 自分の考えを貫くために転職を決意(40代男性)

前職:人材派遣・紹介事業 取締役

現職:医療用食品販売・食品関連事業 人事部課長

これまで「社員がいかに気持ちよく働けるか」を重視して管理職に携わっていたのですが、その考えを貫けない環境だったので転職を考えました。転職活動をはじめて、すぐに納得できる企業から内定を獲得。しかし、勤務方法について家族と意見が食い違い、最終的に今の医療用食品販売の仕事に転職しています。前職より収入が落ちることもあり不安が多い転職でしたが、自分の理想とする考え方で仕事ができているため今は満足していますよ。今回のことで、転職を考えるなら早い段階で家族と話し合い、何を重視して活動していくかを明確にしておくことが大切だと感じました。

CASE3 前職の財政難が原因で5回目の転職へ(30代男性)

前職:美容系企業人事総務マネージャー

現職:サービス系企業総務次長

前々職から転職してわずか10ヶ月でしたが、財政的に厳しく会社がいつまで存続するか分からない不安があったため、再度転職を決意。39歳にして5回目の転職だったので転職活動は難航すると覚悟していました。しかし、実際には1ヶ月で転職先を見つけることができています。常にプラス思考を心がけて、自分が「出来ること」と「出来ないこと」を明確にしながら企業を絞ったのが効果的だったのでしょう。事前に転職エージェントから企業のリアルな情報を聞くことができたので、入社後にミスマッチを起こすこともなく着々と成果を伸ばせています、

CASE4 独立と転職で迷ったうえの決断(50代男性)

前職:光学機器メーカー 役員

現職:レンズメーカー 社長室付 技術顧問

大手メーカーで役員として働いていましたが、50代になり独立を考えて退職しました。ただ、以前から新規事業の開設に興味があったこともあり、自分の専門知識が活きる職場があるのかと転職エージェントへ話を聞いてみることに。紹介された企業は前職より給与が大幅に下がるので独立するリスクとどちらを取るか迷いましたが、社長の「会社を新しくするために若手を育てて社内変革を起こして欲しい」という熱意にうたれて転職を決めました。私のように技術系の仕事をしてきた方は、自分の持つ技術を客観的に判断してアピールすることが大切だと思います。期間に余裕を持つことも本当にやりたい仕事を見つける秘訣ですよ。

CASE5 今後の生活を豊かに過ごすための選択(40代男性)

前職:企業・不動産投資・運用会社 財務経理部長

現職:大手小売業 管理部長

30歳ではじめての転職を経験してから、5年ごとに自分のキャリアプランを見直すようにしていました。ここ10年はプレーヤーとして自分のスキルを磨き上げてきましたが、40代になり今後の人生を豊かに過ごす方法を模索するように。転職エージェントへ今後のキャリアプランを相談したところ、自分にふさわしい企業を紹介してもらい、無事入社することになりました。エージェントの方から紹介企業の良い部分や悪い部分を包み隠さず説明してもらえたのが、理想の仕事との出会いを結んでくれたのだと思います。景気が後退気味の中、約3ヶ月という短い期間で順調に活動を進めることができました。

管理職の転職におすすめの転職サービス

プラットフォーム型
(転職サイト)
人材紹介型 スカウト型
  • 自分の都合や条件に合わせて転職先を探せる
  • 求人数や選択肢は多いが人気の求人は倍率が高いのが難点
  • 自宅でも検索できるので忙しい人にも最適
  • 自分の希望条件に合った求人を紹介してくれる
  • コーディネーターと相談しながら活動するので面談時間が必要
  • 客観的なアドバイスをもらえるので意外な会社とのマッチングも
  • 先方からピンポイントでアプローチをもらえるので成功率が高い
  • 受け身のサービスなので自由度は低い
  • 転職までにゆとりのある人向け
おすすめの転職サービス おすすめの転職サービス おすすめの転職サービス
ビズリーチ
転職サイトビズリーチの公式ホームページの画像
TheProfessional
人材紹介会社ザプロフェッショナルの公式ホームページの画像
レイノス
ヘッドハンティング会社レイノスの公式ホームページの画像
注目ポイント 注目ポイント 注目ポイント
  • 公開求人数6万件以上
  • 検索サービスだけでなくスカウトサービスも用意
  • 自分の希望に合わせてプランが選べる
  • 他では取り扱っていない求人を多数保持
  • 年収2,000万円以上の好条件の求人が豊富
  • 高度なノウハウで企業と転職者の出会いを徹底サポート
  • 幅広い事業との取引実績を持つ
  • 10,000人以上のスカウト実績あり
  • 一流ホテルのラウンジでヘッドハンターとじっくり面談
プラン料金 プラン料金 プラン料金
スタンダード:無料
タレント会員:2,980円(30日間)
ハイクラス会員:4,980円(30日間)
無料 無料
特徴 特徴 特徴
プラットフォーム型の転職サービスの中でも国内最大級の規模を誇るビズリーチ。有料会員に登録すると会員限定の非公開案件が見られたり、ヘッドハンターによるスカウトが受けられたりするのが他のサービスにない魅力です。求人に応募するだけでなくスカウトが受けられることで、自分の市場価値を把握でき自分に最適な仕事を絞りこみやすくなりますよ。公開されている案件は6万件以上。多少料金がかかっても多くの求人に目を通したい人にはとくにおすすめしたい転職サービスです。 TheProfessionalの最大の魅力は他では出回っていない求人を豊富に取り扱っている点。大手コンサルティングファームや一部上場企業の経営層と深い交流を持ち、人材紹介型転職サービスの中でも厳選された品質の高い求人が集まっています。「メーカー」「流通小売」「IT」「金融・コンサル」など求人の業界や業種はさまざま。30~50代向けのハイクラス求人を中心にあつかっており、年収1,000万~2,000万円という好条件の求人も多く提供しています。1人ひとりにコンサルタントがつき、希望に合った紹介や企業についての詳細な説明が受けられますよ。 200名を超えるスタッフが在籍しており、年間1,500人以上を転職へ導いているレイノス。企業の経営者から直接課題をヒアリングし、それに見合った人材を探しだすことで両者を引き合わせています。サイトでの会員登録後、担当エージェントと面談。面談の結果を元にエージェントが企業へスカウト候補生として紹介してくれるので、企業からの連絡がくるまで待ちます。連絡がきた企業に興味があれば面談へ進み、無事内定をもらえれば入社という流れ。面談は一流ホテルの落ち着いたラウンジで1時間じっくり丁寧に行ってくれます。
HPで求人例を見る HPで求人例を見る HPで求人例を見る
エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記