エグゼクティブのための転職最強マニュアル

管理職の転職

管理職ならではの転職についてまとめています。管理職の転職の現状や、転職にあたって気をつけておきたい点などについて紹介しているほか、管理職におすすめの転職サービスにはどのような形態のものがあるかについても取り上げています。

管理職に求められること

そもそも管理職とは何か、そして管理職に求められることとはどのようなものなのでしょうか。

ひとことで言えば、管理職とは部下の仕事をマネージメントする役職です。会社からある程度の権限・決裁権を委譲され、そのなかで現場を仕切っていきます。課長・部長クラスの役職を管理職というのが一般的ですが、とくに管理職の呼称に定義があるわけではなく、会社によっては係長が管理職であったり、呼称もGM(ゼネラルマネージャー)やディレクターなどであったりまちまち。

同じ役職名であっても会社によって与えられる権限も異なるので、A社の課長には契約の決裁権があっても、B社の課長にはそれがないということも珍しくありません。

そんな管理職に求められることといえば、その名の通り部下の「管理」です。

具体的には部署や部下1人ひとりの目標設定や、仕事の割り振り。また、部下とのコミュニケーションをとって意思疎通をはかってモチベーションを高めたり、仕事のサポートなども管理職には求められます。

そして部下の仕事に対して評価を下し、それを人事や上長にフィードバックすることも大切な仕事です。

また、部下の仕事に対して責任を負うのも管理職。部下にミスがあればフォローしつつ、すみやかにリカバーし、影響が拡大することを最前線で防がなければいけません。

あわせて、管理職には人材育成という側面ももっています。求人に対する面接に立ち会い、現場で必要な人材が、採用に値する人物かなどをチェック。会社によっては管理職に採用権があり、合否を見極める能力も求められます。

採用した社員を指導したり、指導する担当社員を決めたりし、速やかに戦力となるようにする能力も必要です。

もちろん、部下を管理するだけではなく、営業関連部署なら営業力など、自身も会社の戦力として機能する実力が求められることはいうまでもないでしょう。

管理職の転職

かつては、管理職やエグゼクティブの転職は、ヘッドハンティングによるものが主流でした。

それが近年は転職サービスの多角化・多様化や、エグゼクティブの転職を専門とした転職サービスの登場により、状況は一変。「待ち」の市場から「売り」の市場へと変貌し、エグゼクティブの転職市場は年々活性化してきています。

課長や部長、幹部社員となってしまうと、「シニアクラスの社員が他社に転職することは非道理的だから無理」「ヘッドハンティングで声がかかるまで転職は難しい」という時代ではなくなっているのです。

転職サービスといえば一般社員向けのものがほとんどで、管理職が転職しようとしてもコネで、つまり自前で転職先を見つけるしかありませんでした。それが現在では、ハイクラスに特化した転職サービス・市場が確立されており、管理職でも比較的容易に転職できるようになっています。

とくに2008年のリーマン・ショック以降は外資系企業の求人が減少したのに対し、日系企業の海外進出に拍車がかかり、管理職・エグゼクティブの人材確保のための求人が増加しました。

多くの会社で女性の管理職・エグゼクティブも増えてきているため、それに比例して女性幹部のヘッドハンティング・転職も右肩上がりの状況です。

もはや管理職であれば、管理職に特化した転職サービスを利用することが必須。

なぜなら、企業側としては一般の求人サイトや転職サービスからエグゼクティブを任せられるような人材の応募は考えていません。「一般社員なのに希望条件が高すぎる」と足蹴にされしまうでしょうし、みなさんが望むようなポストを用意できないでしょう。

エグゼクティブの求人は非公開、かつ求人数が少ないのが鉄則。効率よく転職先を探せる管理職専門の転職サービスの活用が、かしこい転職の秘けつなのです。

管理職が転職する際に気を付けるべきこと

管理職の転職では、気をつけておきたい点がいくつかあります。

まず、今の会社における管理職というポジションを手放すリスクがあります。たとえば、現在の役職が課長で、部下の採用や人材育成、書類・契約の決済権をもっていたとしましょう。しかし、転職先で同じ「課長職」に就いたとしても、同様の権限があるわけではありません。

とくに大企業と中小企業では、同じ管理職でも求められるスキルや与えられる権限に大きな差があり、注意が必要でしょう。

大企業での管理職は、部下の管理・指導に専念することが多いのですが、中小企業ではそうはいきません。プーイングマネージャーとして、部下の管理・指導もしながら自身も現場で活躍することが求められます。

また、同業他社なら問題はないでしょうが、異業種への転職となるとこれまでとは異なるスキルが求められるのも、当然のことでしょう。

そのあたりのことをしっかりと調査したうえで、転職に踏み切る必要があるのです。

それから、多くの管理職の方が気にしているのが、「管理職だと転職が不利になるかどうか」という点でしょう。

一般社員と比べ、管理職の求人は絶対数が多くありません。そのうえ、マネージメントを任せられる即戦力として期待されていますから、ハードルが高いのも事実です。そう考えると、確かに一般社員よりは転職は不利ですが、しかし最近は管理職・エグゼクティブクラスに特化した転職サービス市場が活性化してきており、管理職も売り手市場。決して「管理職=転職が不利」という図式ではなくなってきています。

自身のキャリアのステップアップや待遇アップなど、転職の目的が何なのかを今一度明確にし、それに見合った決断を下していくことが管理職の転職のポイントです。

管理職の転職におすすめの転職サービス

では、管理職の転職でおすすめの転職サービスには、どのようなものがあるのでしょうか。

管理職の転職サービスはおもに、プラットフォーム型、人材紹介型、スカウト型の3つに分類することができます。それぞれの概要について簡単にご紹介しますので、参考にしてみてください。

■プラットフォーム型

いわゆる転職サイトタイプの転職サービス。自分の都合や条件にあわせて転職先を探すことができ、自由度が高いのが特徴。求人数や選択肢が多く、希望に見あった転職先が見つかりやすい。半面、好条件・人気の求人が倍率が高くなる傾向が。近年は管理職・エグゼクティブに特化したサービスも増えてきており、管理職の有力な転職市場になっている。市場自宅でも簡単に利用できるので、忙しい人やいまの会社に転職活動を知られたくない人に最適。

■人材紹介型

いわゆる人材紹介会社タイプの転職サービス。人材派遣会社のコーディネータと相談しながら、希望条件を提示すれば条件にあった求人を紹介してもらえる。細かなアドバイスをうけられるのがメリットながら、時間がかかる点や面談の時間を取らなければいけないのが、多忙な人には難点。客観的に転職診断してもらえるので、意外な会社とのマッチングもあり。求人探しを任せたい人におすすめ。

■スカウト型

いわゆるヘッドハンティングタイプの転職サービス。基本的にヘッドハンターにすすめられる転職先を紹介される受け身のサービスであるため、自由度はないものの、好条件が期待できるのが魅力。また、先方からピンポイントでアプローチをかけてくるシステムであることから、ヘッドハンティングされれば転職てきる確率が高いのもスカウト型のメリット。すぐに転職を求めていない、ゆとりのある人向き。

エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記