エグゼクティブのための転職最強マニュアル

年代別・転職のコツ

30代・40代を中心に、年代別の転職のコツを紹介しています。

30代と40代の転職活動

年齢や経験が上がり、20代とは違う工夫やアプローチが必要となる30代、40代の転職活動。30代、40代が成功する転職活動のコツを紹介します。

30代の転職活動

30代、特に35歳以降の転職活動をする上で、企業に求められるものはマネージメント能力、すなわち管理職としての要素があるかどうか、ということが挙げられます。すでに管理職を経験している人ならば、どのような実績があるかも確認されるでしょう。

なぜなら、管理職、すなわちとある部署や部門におけるリーダーとして、新しい会社に入社するのですから、すぐにでも即戦力として結果を出してもらいたい気持ちが企業の側にはあるのです。

管理職経験者であれば、自分の実績を具体的なエピソードとして説明できるよう、どう相手に伝えるか、テーマ選びは適切か、表現はどうだろうかといった点を意識して、紙などに書き出し何度も確認しましょう。

未経験者であれば、自分にマネージメント能力の素質があることをアピールすることが大切です。優秀だと思う先輩や上司を思い浮かべ、彼らが持つマネージメント能力をヒントに、エピソードを作り上げてください。

特に35歳以上は、これから管理職としての長い人生を送ることになります。自分がマネージャーとしてどのような仕事をするつもりなのか意識してみましょう。

40代の転職活動

40代の重要視される要素は、即戦力として使える管理能力ももちろんですが、それに加えてコミュニケーション能力も求められることになります。リーダーシップを発揮し、仕事の結果を出すことは大前提です。

新しく入社する職場には、世代や性別の異なる部下や上司、同僚、時には海外からやって来た人もいるでしょう。そういった状況であっても、部下をまとめ上げ、上司や同僚とうまく順応することが第一なのです。

そのため、転職活動でアピールする時は、自分が持つコミュニケーション能力について具体的なエピソードを持っていると、他の候補者との差が作れるでしょう。

面接・退職時の注意点

書類選考を通過し、面接に進んだ時には、まず社会人としてのマナーをしっかり守ることが大切です。

その上で、自分のビジネスプランを明確にし、自分のやりたいこと、目指していることを、転職先の担当者に伝えましょう。

転職活動が順調に進んで採用された場合にも、注意すべき点はあります。退職スケジュールを直属の上司に相談という形で話してください。いきなり退職願を出すのはNGです。転職先が決まった、という報告もしない方がいいでしょう。

あくまで「転職を決意した」という姿勢のまま、退職日の相談をしてください。自己都合の退職となりますから、同僚や会社、取引先にできるだけ迷惑をかけず、引き継ぎ業務などもきちんとこなして、円満退職を目指してください。