エグゼクティブのための転職最強マニュアル

在職中の転職活動

在職中の転職活動において気を付けたいポイントをまとめています。

在職中の転職活動、落とし穴に気を付けて

働きながら転職活動をするメリットとしては、収入が安定しているため精神的に苦しくなく、自分が納得するまでじっくり転職活動ができることでしょう。また、自分の会社について日々感じていることが正確に把握できるため、企業選びも慎重に行えます。

転職活動時の空白期間も作らずにすみ、不採用が続いても精神的に焦ることはありません。気長に良い求人を待つこともできます。

しかし、在職中の転職活動を成功させ、上手に立ち回るためにはいくつかの注意点もあります。

転職活動は就業時間外に行う

管理職・エグゼクティブの転職の難しいところは、一般社員ほど転職活動時間がとれないところでしょう。

忙しい合間をぬって転職活動をする際は、現職の業務に影響がでないよう、計画的にすすめることが求められるのです。

とくに、現業の業務中に転職活動するのは避けてください。ただでさえ多忙な職種のなか転職活動をすれば、必ず歪みが生まれ、仕事に悪影響を及ぼします。

無理に転職活動を試みた結果、十分な休息時間・充填時間がとれず、現業への影響がでるということだけは絶対に避けなければいけません。

ですから、転職は就業時間外に活動することが基本中の基本。

また、上級のエグゼクティブになればなるほど、社内での評判には注意したいところ。名前や顔が知られているぶん、いつもと様子が違うとあらゆるところから噂も立ちやすくなります。

「どうせこの会社からはいなくなるから」と仕事に身が入らなかったり、手を抜いたりすることは厳禁です。重要な役職であればあるほど、そのミスは悪目立ちしてしまい、社内的にも社外的にもあなた自身の評価を下落させてしまいます。

希望転職先に「仕事をおろそかにしている」という噂でも流布してしまうと、転職そのものもリスクにさらされてしまうでしょう。

人材紹介会社やエントリー企業とのやり取りを社内メールで行わない

当たり前のことですが、エグゼクティブが転職活動していることを社内に知られることも避けたいところです。

一般社員ならまだしも、重要なポストにいる人物が「会社を辞めたがっている」と見られれば、社員の士気に影響することは必至。人望の厚い人であればあるほど、その影響も大きく、社内に厭戦気分が蔓延してしまうことだって考えられます。

会社の経営層としても、辞める気満々の人物に大事な仕事は任せられないでしょう。なかには、会社側との意思疎通がうまくいかず、仲たがい・喧嘩別れのような状態になってしまえば、なかには転職活動を妨害する、いわゆる「奉公構」のようなことをされるケースもないわけではないのです。

仮に、その状態で転職に失敗してしまった場合、もはや今の会社に自分の居場所はないと考えたほうがいいかもしれません。

ですから、まずは退職にかんする会社の就業規則を確認し、それに抵触しないように転職活動をすすめることが重要です。

そのためにも、人材紹介会社やエントリー企業との連絡に情報漏れの危険性のある社内メールを使ったり、会社の電話で連絡を取ったりしないこと。また、会社のPCで転職サイトの閲覧もしないでください。

同僚に転職相談するのも、避けるのが正解。噂の発生源となってしまうリスクもありますし、本人としては気軽に相談したつまりでも相談相手には不安を与えてしまうことにもなります。

退職の手続きはぬかりなく

転職にともなうのが、現職への退職手続きです。辞めるとはいえ、お世話になった会社ですから、きちんと手続きを踏んで退職するのはマナー。

いい加減な辞め方をするとその評判が広まり、せっかく入った転職先で評価を得られなくなってしまう危険性もあります。兎にも角にも、円満退社はいい転職の必須条件です。

ほとんどの会社は、就業規則に退職希望は「〇か月前までに」「〇日前までに」と既定していますが、最低でも1か月前までに退職希望を伝えてください。

通常、転職においては内定後、入社までに1~2か月の猶予をもらえます。ですから、退社希望の連絡は転職が決まってからでも十分、間に合うでしょう。

退職希望の連絡方法ですが、直接人事や役員クラスに伝えるのではなく、直属の上司に話すのが筋です。ただし、退職の旨は伝えても、決して転職先の会社名は出さないこと。上司や同僚の理解が得られないと、転職先の会社によからぬ風評を流されてしまう場合もあるからです。

とくに同業他社への転職であれば、社内の情報がライバルに筒抜けになるリスクがあるため、あまり喜ばれません。

また、「どうしても残ってくれ」と慰留されたり、給与などの条件アップのカウンターオファーを提示されたりするケースもありますが、ここで心を乱さないこと。

条件を受け入れて残留したとしても、「一度は裏切ろうとした」というイメージをもつ社員もいるでしょうし、カウンターオファーが履行される保証もありません。

なにより、転職が決まっていながら「好条件で転んだ」と他社に見られてしまえば、次に転職しようと思ったときにそれ足かせとなってしまいます。

無事に退職が決まれば、あとは引き継ぎも滞りなくしておくことも重要です。最後の最後まできっちり仕事をこなせば、自分の評価は高まります。退職日までのスケジュールを組み立て、抜かりなく引き継いでください。

関連するページ

エグゼクティブ転職・ハイクラス転職のためサービス潜入日記