エグゼクティブのための転職最強マニュアル

在職中の転職活動

在職中の転職活動において気を付けたいポイントをまとめています。

在職中の転職活動、落とし穴に気を付けて

働きながら転職活動をするメリットとしては、収入が安定しているため精神的に苦しくなく、自分が納得するまでじっくり転職活動ができることでしょう。また、自分の会社について日々感じていることが正確に把握できるため、企業選びも慎重に行えます。

転職活動時の空白期間も作らずにすみ、不採用が続いても精神的に焦ることはありません。気長に良い求人を待つこともできます。

しかし、在職中の転職活動を成功させ、上手に立ち回るためにはいくつかの注意点もあります。

転職活動は就業時間外に行う

在職中であれば、平日に時間を作り出すことは難しく、一番のネックといってもいいでしょう。ですが、就業時間中はしっかりと自分の仕事をしてください。転職活動は忙しく、集中力や睡眠時間が削られ、今の仕事の質が下がる可能性もあります。それは絶対に避けてください。

社内の評判が下がり、周囲の迷惑につながります。例えば、転職先の企業が前の職場に連絡して評判を聞きだすケースもあり、そういった時に悪い評価を言われるかもしれません。いずれ退職するから……という気持ちでいても、最後までその会社に貢献してください。

そのため、エージェントの面談や、エントリー先との面接は、休暇の取得や遅刻・早退が不要な時間帯にスケジュールを組むことをおすすめします。

平日に時間を捻出することが難しい場合は、土日に営業している人材紹介会社のキャリアカウンセラーや、自宅付近など希望の場所へ出張して面談をしてくれるコンサルタントに相談するというのもひとつの手です。

人材紹介会社やエントリー企業とのやり取りを社内メールで行わない

「転職活動を行っている」ということを、勤務先に知られるのはおすすめできません。会社では従業員のパソコンの閲覧履歴をチェックしている場合がありますので、メールのやり取りから転職活動がばれてしまいます。

そもそも、「転職活動を行っている」ということを、勤務先に知られるのはおすすめできません。面接に行く時間を作らせないよう仕事量を増やされたり、有給を取らせなかったりというケースもありますし、「社内に辞めたがっている人がいる」という情報だけで、周りの人達の士気を落としかねないからです。

ひどい場合、人から妬まれ、次の会社に嫌がらせの電話をされることもあります。最終的に転職しないという結論を出しても、そのまま働き続けることが気まずくなる可能性もあります。

転職先が決定した後、円満退職をするためにも、現職の業務に支障がないよう、配慮する必要があるのです。