エグゼクティブのための転職最強マニュアル

ヘッドハンティングされたら?

ヘッドハンティングを受けた際の注意点をまとめています。

ヘッドハンティングは一本の電話から

「わたくし、○○会社の○○というモノです。実は、貴方の能力を見込んでいる大手企業がありまして……(省略)ぜひ、直接お会いすることはできないでしょうか?」これが、ヘッドハンティングの始まりのパターンです。

ヘッドハンティングは、転職活動の際、自分が何をしなくとも、エージェントから求人を持ってきてくれるという便利なサービスなので、就活や転職活動者に多く利用されています。

ヘッドハンターは企業側と繋がっており、その情報を元に、引き抜きを前提として声を掛けてきます。彼らは企業が欲しがっているいい人材を常時チェックしているので、声をかけられ、話に乗って利用すれば、いきなり転職できたり、年収の高い求人を狙える可能性が高まります。

しかし、転職に有利と思えるヘッドハンティングでも、ヘッドハンティングを行っている企業やヘッドハンターの質が悪いと、失敗する可能性があります。よくある代表的な失敗例としては、うまい話に乗っていざ転職したところ、話とは全く違う職場(あるいは待遇)だった……というものでしょう。

あなたがやりたいことをやらせてくれる会社です!とエージェントが紹介してきても、実際は「人がストレスで体を壊し慢性的に人手不足の会社」や、「経営不振が理由で合併話が進んでいる会社」やら、「日本での業績悪化で撤退を考えている会社」など、あまり良くない会社であった場合、キャリアアップを目指すどころか、最終的には職を失う可能性もありえます。

ヘッドハンティングは、相手の方から転職の話を持ってきてくれる、いわば「受動的」な転職活動です。自分が動かずとも話が進むので楽なものだと思いがちですが、楽な分だけ、気をつけなければならない注意点があります。

まず注意すべきは、 「ヘッドハンターの話を鵜呑みにしないこと」です。

スカウトは今の職場からあなたを引き抜きたいと思っているのですから、好条件の給料や待遇を提示するのが当たり前。しかし、その好条件に心を躍らせてはいけません。企業側だって、まだ自社で実績をあげていない人材に対し、一方的に不利になる好条件ばかりを提示することはあまりないからです。

大切なのは、企業側は提示した条件をどの期間まで保障してくれるのか、また、万が一、転職後に思ったよりパフォーマンスが上げられなくとも、給与や待遇がこれまでより下げられるのか、等々、シビアな視点を持って条件を検討し、わからない点や不明な点はエージェントを介して詳細に確認することです。企業側からすれば、経営課題を解決できる人材を獲得したいのが本音。

そこでヘッドハンターが特定の個人に目をつけ、企業との面会を取次ぎ、「候補者の経験およびスキル」と、「企業側のニーズ」の擦り合わせを行います。ヘッドハントされた側(あなた)と企業の関係は極めて対等なものになるのですから、遠慮は無用です。少しでも腑に落ちないことがあったら、どんどん確認すべきです。

そして、ヘッドハンティングにありがちな罠として、ヘッドハンティングされるといい気分になってしまい、適当におだてられて冷静な判断ができなくなるというものもあります。浮かれたり、煽られたりして正常な判断ができなくなった結果、入社前に気付くべき危険信号が見抜けなくなることだってあるのです。

こうならないためにも、企業側の情報をしっかりと得る必要があります。企業側がどのような活動をしているのかを調べ、冷静に比較検討をしてください。前々から入社したかった意中の企業であれば話は別ですが、即断即決は禁物です。仲介してくれるエージェントとよく相談し、冷却期間を設けて考えた方がいいでしょう。

何より、転職後のことを十分に考えてください。ヘッドハンダーが持ってくる情報はいい話の場合が多いですが、それが「あなたの要望を叶えるもの」なのかどうかは別の話です。転職したら自分はどうなるか、自分はどうしていきたいのか?ということを、しっかりと意識してください。

そのことを理解していれば、ヘッドハンティングはキャリアアップをはかる上で有力な転職方法の一つですし、機会は有限です。せっかくのチャンスなので、ヘッドハンティングを上手に利用して、キャリアアップを狙ってください。