営業職向けキャリアアップのための最強転職マニュアル【キャリ転】 » step3 営業マンが転職を成功させる方法 » 営業職の転職事情

営業職の転職事情

一口に営業と言っても、さまざまな業種やスタイルがあります。自分の経験やスキルを活かし、キャリアアップ転職をするにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、気をつけておきたいポイントについて紹介していきます。

高条件の求人は増加傾向にある

好調な景気を背景に、営業職の求人数は増加傾向にあります。営業職はもともと直接売り上げに関わる職種ですから、不況下でも求人がなくなることはありませんが、ここ数年は特に好調で、ほぼ全ての業種で営業の採用意欲は高まっています。

多くの企業が将来を見据えた人材確保に動き、リーマン・ショック期に新卒採用できなかった企業が、次世代の幹部候補として30~33歳の社員を補強しようと動きを見せていることも特徴的です。

新卒では育成に時間がかかるので、若手を中途採用しようとする企業も多く、チャンスはさらに広がっています。

業界ごとに傾向を見る

では、業界ごとに少し詳しく求人の傾向を見てみましょう。

建設・不動産業界

スクラップ&ビルドから、中古物件の不動産流通、リノベーション、リフォームを手がける企業が積極的に採用を行っています。求人企業も多様で、選択肢が多いのも魅力となっています。

製造業

自動運転の実用化を背景に自動車部品や製造機械に関わる製品・サービスを扱っている企業の営業職の求人が増えています。ここ数年は、ソフトウェアを扱う企業の勢いが上がっており、求人数も多い状況が続いています。

教育・教育学習支援関係、人材サービス業界

人材派遣・紹介、アウトソーシングなども採用が活発で、ねらい目です。なかでも医療・福祉分野を手がける会社は採用に積極的で、介護事業者への人材コンサルを担える営業職のニーズが高まっています。

通信サービス、情報処理・SI・ソフトウェア業界

すべての業種において求人が活発。とくに金融関連はシステム関係者の採用ニーズが高く、より好条件での転職が期待できます。40歳代の経験者が採用される事例も増えてきており、年代を問わず選択肢が多い状況です。

営業・販売

営業マネジメントを任せられる、30代~50代の需要が高い業界。なかでも地方の中都市でマネジメント経験豊富な人材を求める傾向が顕著で、Uターン、Iターンでの転職も求人数が増えています。

活況になっているからこそ慎重に

さまざまな業界・業種で求人数が増えていますが、営業職の経験があるからといって「どんな業界でも通用する」「どんな商材でも売れる」と考えるのは危険です。

業界や会社、商材が変われば、売り方自体も大きく変わるため、以前の業界・会社で身につけたスキルが通用せず、営業として伸び悩んでしまう可能性があります。

かしこく転職を成功させキャリアアップするためには、気になる転職エージェントやサービスを上手に活用し、企業をきちんと比較し、自分の条件・ニーズに合致する求人かどうかを慎重に見極めること。自分の営業としての経験や専門性を客観的に把握し、今後も積み重ねたい経験や専門性、目指すべきキャリアなどを意識して転職活動を進めることが大切です。

あくまで自分本位の意志で転職先を探すことが、キャリアアップ転職を成功させる秘けつだといえるでしょう。

イノベーティブでこれからが面白い(平均年収800万以上) 超大手企業のBtoC営業(個人営業)職
住宅業界
旭化成ホームズ
年収900万円を目指す!
年間賞与が多かった会社ランキング、ハウスメーカーで第1位(就職四季報2017年版)
公式サイトの
求人を見る
保険業界
東京海上日動
年収500万円からはじめる!
損保業界の働きやすい会社ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2017年)
公式サイトの
求人を見る
金融業界
新生銀行
年収720万円に挑戦!
銀行業界の年収ランキング第1位(転職口コミサイト「キャリコネ」2018年)
公式サイトの
求人を見る
   
営業職向け
キャリアアップ
セミナーを紹介
営業キャリアアップセミナー画像1

画像引用元:営業の鉄人https://eigyo-tetsujin.com

第一線で活躍する営業マン同士が切磋琢磨しあうキャリアアップセミナー&交流会を紹介。実際にセミナーへ参加した営業マンに感想を聞きました。

キャリアアップ
セミナーへ参加した
営業マンの感想を見る